20222021

「mojo」という言葉、聞いたことはありませんか?

主にアメリカで使われる言葉なのですが、

新聞や雑誌などでもよく使われる言葉なので、

是非チェックしてみましょう。

 

「mojo」の意味

 

「mojo」というのは、もともとアフリカの呪術やお守りだそうです。

その「神秘的な、摩訶不思議な力」から派生して、

現在では

・言葉では表せないような魅力、人を惹きつける不思議な力

・人に影響を与える素質、人柄

・成功や勝利のための能力、素質、もしくは運(幸運)

などを表す言葉として使われます。

 

「mojo」の使い方

 

「mojo」は「魅力を失う」「力を取り戻す」のような表現でよく用いられます。

「lose / get back / regain / rediscover」などがよく一緒に用いられます。

 

下の日本語訳文では「魅力」や「力」となっていますが、

「言葉では表せない、不思議な魅力やちから」であったり、

スポーツの場合は「試合に勝つための力や幸運」を表しています。

 

I think she has lost her mojo as an actress.

(彼女は女優としての魅力を失ってしまったね)

 

He was once a famous novelist, but he is loosing his mojo recently.

(彼は以前は有名な小説家だったの。だけど最近は以前のような魅力がなくなってきている)

 

After a long break, he finally got his mojo back and won the tournament.

(長い休養を経て、彼はついに力を取り戻し、トーナメントで優勝した)

 

The team has lost its mojo.

(そのチームはすっかり勝てなくなった)

 

She rediscovered her mojo when she moved to New York.

(彼女はニューヨークに移って自分の力を再発見した)

 

Get your mojo working! Then she’ll be yours.

(お前の魅力を発揮するんだ!そうすりゃ彼女はお前のものさ)

 

The success of the show proved that he still has his comedy mojo working.

(その公演の成功は、彼のお笑いの力が衰えていないことを証明した)

 

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
スポンサーリンク